知ると絶対得をする!網戸掃除の知識あれこれを公開します

面倒くさがりな人必見!誰でも簡単にできる網戸掃除の方法を公開

網戸掃除は面倒だと思って、網戸の汚れをほったらかしにしている人はいませんか?網戸を外したり、周辺が汚れないように養生したりと、何かと手間がかかるイメージをお持ちの方もいるでしょう。

しかし、網戸の汚れをそのままにしていると、部屋の空気やカーテンも汚れてしまいます。網戸をきれいにすると、入ってくる空気もきれいになるので気持ちよく換気をすることができます。

実は、網戸掃除は、わざわざ網戸を外したり、養生したりする必要はなく、簡単な方法で掃除をすることが可能です。

まず、用意するのはフロア用のワイパーシートです。ウエットタイプのシートを装着して、網戸を上から下へ拭いていきます。また、色々な方向からきれいにするために、斜め、横、縦など動きを変えて拭いていくとよりきれいになります。

フロアワイパーは、持ち手の長さが変えられるので、一番短くしておくと網戸掃除がしやすいです。また、網戸は、汚れが少ない内側から拭いていき、ウエットシートが汚れたら裏返してきれいな面で拭くようにします。

網戸の外側、内側共に、掃除が終わったら、ウエットシートをはずしてきれいな面でサッシの汚れも拭きます。これだけで網戸掃除は完了です。家にあるものでできますし、周辺を養生する必要もないので面倒くさがりな人でも簡単に掃除ができます。

知らないと危険かも!?網戸掃除をする時の注意点とは?

網戸掃除をするには注意点もあります。適当に掃除をしてしまうと網戸を傷めてしまう危険があります。

網戸を掃除する時には、洗剤を使ってよりきれいに汚れを落としたいと思う人もいるでしょう。そこで注意をしたいのが、使う洗剤の種類です。網戸掃除の時に使わない方がよいのは、アルカリ洗剤です。

窓のサッシがアルミ素材でできている場合、アルカリ洗剤が付着して変色をしてしまう危険があります。

また、重曹を使う場合にも注意が必要です。重曹は研磨剤として使われることもあるため、アルミのサッシだと傷がついてしまうことがあります。

洗剤を使って網戸掃除をする際には、網戸やサッシを傷つけないためにも、アルカリ洗剤や重曹はなるべく使用しない方がいいでしょう。さらに、注意が必要なのは、網戸を掃除する時に力をいれて行わないことです。

力を入れて網戸を拭くと、勢いあまって外れてしまったり、たわんでしまったりする恐れがあります。

特に、2階や3階など、上の階の網戸を掃除する時に、網戸が外れてしまったらとても危険です。頑固な汚れをきれいに落としたいからといって、力を入れすぎないように気をつけましょう。

知って得する!網戸掃除は業者に依頼すれば楽ちんできれい

誰でも簡単にできる網戸掃除の方法を紹介しましたが、それでも自分で掃除をするのが面倒だという人もいるでしょう。

毎日忙しいと他の家事をすることにいっぱいで、網戸掃除はどうしても後回しになってしまうかもしれません。そのような人におすすめなのは、網戸掃除をハウスクリーニングの業者に依頼することです。

業者は、掃除に関しての知識や技術に特化しています。自分で掃除をするよりも費用はかかるにせよ、時間や手間をかけずに、仕上がりもきれいになるのでおすすめです。

業者が網戸掃除をしている間に他の家事に作業を回すことができるので、忙しい人にぴったりのサービスです。ハウスクリーニングに依頼すると網戸1枚でだいたい1000円から2000円で掃除してもらえます。

とはいえ、網戸のサイズやオプションなどで業者によって費用は異なるので、事前に調べておくことがおすすめです。

また、ハウスクリーニングの業者によってサービス内容やお客様からの評判もまちまちです。業者選びに失敗すると、せっかく依頼をしても満足できません。

業者を選ぶ際には、ホームページや口コミサイトなどを参考にして、できるだけ複数を比較した上で自分にぴったりの業者を選ぶことがポイントです。